いつかきっと花になる

光くんファンなカメラ女子が気の向くままに綴るブログ。

大人になっても大好きだよ

実は更新直前に記事がすべて消えてしまい、もう更新するのをやめようかとも思ったのですが

やっぱり、今の気持ちを忘れたくないなと思って。

1回目に書いた記事よりは短く、雑になってしまうかもしれないのですが

私なりに書き綴っていこうと思います

 

さて、2017年1月19日。Hey!say!JUMPの八乙女光くんと薮宏太くんのお2人が、デビュー後初めて *1 Ya-ya-yahとして、Ya-ya-yahの楽曲を歌ってくれました。

 Ya-ya-yahとしてこの曲を歌うのは十数年ぶり

 今回はHey!Say!JUMPとして表記を出さないで、

あえてね。Ya-ya-yah表記にしました

 (1月19日1部レポ より。)

 

JUMPとしてデビューしてから今年で10年目。

2人の口からYa-ya-yahに対しての気持ちが語られることはほとんどなかったように思います。1万字インタビューで、Jr.時代を振り返っていて名前が出されたことはありました。でもそれはJUMPのことを語る上で出てきた名前であって、いつもYa-ya-yahがメインではなかった。

私の中で、Hey!Say!JUMPって前を向き続けているイメージがあります。あまり過去に執着しすぎないといいますか。していることを公にしすぎないといいますか。(一部例外もありますが。)それでも10周年という節目の年が近づいて、ベイジャンでの、ありたかの2人がJ.J.の話をして、メンバーの話をしてくれたり、また歌えたらいいねと発言したり、ゆとぺで自発信で話をしていたり(深く触れられてはいないけど)とメンバー自身が懐古することも増えた中、やぶひかが語るのは、Jr.時代のお互いについて、もしくはJUMPの初期の頃の話がほとんどでした。でも、それって本当に2人らしいなって思っていました。薮くんはいい意味で公の場で過去を振り返らない。JUMPが9人になったときの挨拶も、「9人で」と、いまのメンバーで先に進んでいくという決意を感じられて。当時、不安だらけだった私は、そんな薮くんの話を聞いて頼もしいなって思ってました。でも、時が流れて節目を迎えようとしている今、他メンバーが懐古している話を聞いて一緒に懐古しているファンの方々が正直すごく羨ましかった。(私自身とんでもない懐古厨みたいなところがあるので。)

 


もちろん、大前提として、いまのHey!Say!JUMPが大好きです。ついてきたことを後悔したことは一度もない

でも、やっぱり私にとっての初めて応援したいと思ったグループは「Ya-ya-yah」 でした。

自然消滅 させられてしまったグループ。JUMPとしてのデビュー時、Yaへの後ろめたさがあったと語った2人だけれど、それ以外に深く語られることってあったのかな?あまりにも語られないことだから、2人の中で、それはタブーなんだってずっと思ってました。

 

ずっと一緒に頑張ってきた、これからも頑張っていこうと気合を入れなおしたグループから抜き取られ、新たなメンバーとデビューすることになったことへの気持ちってなにが一番大きかったのかな?不安不満期待?そしてそれは懐かしいという感情で終わらせることができるものなのか?もし4人でやることを選んでいたらどうなっていたのかって考えることはあったのかな?私の疑問は尽きないです。

でもそれは2人にしかわからない。

それに関しては、一緒にスタートを切った他の8人にも、一緒に頑張っていた他の2人にも、デビュー前から応援していたいわゆる古株の人たちにもわからない。

2人だけが味わってきた重圧があって、2人だけが乗り越えてきた壁がある。

だから2人だけの中で消化されていくんだって思ってました。

 

その考えが壊されたのが1月19日のジャニーズアイランドのゲスト出演。

Hey!Say!JUMPのやぶひかがYa-ya-yahのやぶひかとして「Just wanna lovin' you」と「愛しのプレイガール」を歌いました。

 

詳細は後にらじらーサタデー(2017年1月21日放送)で語られました。

結構しっかりと語ってくれていたのですが、長くなってしまうので私の中で心に残っているフレーズを抜き出したいと思います

薮と僕で昨年、ふたりで出てみようかってなって。

2人で出るなら昔の曲を、薮と俺にしかできない曲をやろうか って

どの曲歌う?って候補が全部Ya-ya-yahだった

Ya-ya-yahとして生まれて。俺らは。JUMPになる前はそれで育って、Hey!Say!JUMPとして波に乗っかって、ていう風な歴史があるから、その昔の歴史を大切にしようということでYa-ya-yah表記で

(2017年1月21日放送らじらーサタデーでの八乙女光くんの発言より)


2人の意思で出演を決めて、2人の意思でYa-ya-yahの曲をやることを決めたそうです。表記についてはスタッフさんに本名にするか聞かれてたときにせっかくふたりだからYa-ya-yahとして出てみたら面白くないか?と光くんが提案したそう。

ここまでのエピソードを聞いて、当たり前のことではあるのだけれど、2人の中で”Ya-ya-yah”だった歴史は消えてなくて、ちゃんと今の彼らのベースになってるんだなって再認識できたことがとにかくうれしかった。

だって、私自身期待してなかったんです。デビューしてから数年はもしかしたら音源化してくれるかもしれない。だとか、もしかしたら節目で歌ってくれたりするのかもしれない。って思っていたけれど。やぶひかの口からYa-ya-yah時代のことが進んで語られることはない。翔央くんも太陽くんも退所してしまう。期待できるわけがないじゃないですか。諦めていたつもりはなかったけれど。きっとどこかで諦めがついていたんです。

だからまさかこんな形で、私自身のYa-ya-yahへの執着心を認識することになるとは。

その時代の彼らが今のJUMPファンとしての私のベースでもあるから。消さないで、残してくれたのがすごく嬉しかったです。

 

 

しかし、一方で、彼らは(特に薮くんは)このタイミングをずっと見計らっていたのかな、とも思いました。ここぞ!という時まで出し惜しみしていたのかな。なんて。本当にずるくて策士な2人ですよね。

まあ、すべて主観ではあるのですが。


真相は2人のみぞ知る。といったところでしょうか?

 

 

それにしても、人間って、期待して待ち焦がれていたことよりも、まったく想定外のことをされたほうが喜んでしまうものなんですかね。その証拠に私はこの事実を聞いただけで、こんなにも心を揺さぶられ涙しています。実際に見ることになったらどうなるのだろう。いまの私はYa-ya-yahとしてのやぶひかをみることが不可能ではないことを知ってしまっているので、前者のほうになってしまうけれど、そのときはそのときでまた号泣していそうです。だって、私はお互いのことは一番わかるとか言っちゃうくせに2人きりは恥ずかしいという老夫婦やぶひかの作り出す世界が大好きだから。

 

なんにしても、今回このような形で、またYa-ya-yahの特別さ(私にとっても。彼らにとっても。)を再認識しました。だから10周年の今年のツアーを期待せずにはいられないです。

もし、ツアーで見ることができなくても、またひょんなことから2人の世界が垣間見られるんじゃないかって思ってしまいました。

 

10周年以降も八乙女くん、薮くんを初めとしたHey!Say!JUMPの9人から目が離せません♡♡

 

 

*1:私の記憶している現場レポ、雑誌の限りでは初という意味です

9周年

 

9月21日、24日 と、どちらを盛大に祝うべきなのかわからないけれど

とりあえずHey!say!JUMP9周年おめでとうございます。

そういえばまだブログに書いてなかったなと気づいて、

まだ9月だからセーフだろうということで。笑

 

jr時代から光くん、薮くんを応援していたやぶひか信者の方のなかに21日を命日って呼ぶ人がいる。それはJUMPの結成された日=Ya-ya-yahが消えた日って考え方だからなんだろうけど。悲しいな、って近頃思います。

確かに、Yaが好きだった私は発表日にかなり衝撃を受けたし「なんで4人じゃないの?」って思ったりもしました。翔央くん、太陽くん、薮くん、光くん、仲良しな4人が大好きだったから。

でも、その日はJUMPが結成した日であって、いまの9人にとっては始まりの日。

人それぞれ考え方が違うのはわかってるししょうがない問題だとは思うんだけどね

来る10周年にもそんなツイートをみかけたりする可能性があるのは嫌だなって思います。

できれば、少しだけでもいいからJUMPの10周年に対してお祝いの言葉が見られすように。Yaが好きだった人にとっても悲しいだけの10年じゃなかったはずだもん。

 

 

 

いちばんだと思ってた景色が塗り替えられてく。だから、これからも、いちばん忘れられない瞬間、最高の瞬間を、ドンドンドンドン作ってくんだと思うんです。ファンのみんなと、この9人で”

 

話は変わるんですが。私は有岡くんのこの言葉*1がすごい好きなので、この日には毎年この言葉を思い出してるんだけど。去年も、今年も、「今が一番JUMPのことがすきだ!」って思いながらこの日を迎えています。JUMPが辛いこともたくさん経験してきたからこその 今 だと思うので。

きっと、来年のこの日もまた「今が一番光くんのことがすきだ」って思わせてくれるんだろうなって期待してます。

どんどん塗り替えていってほしいな、この9人に。

 

 

改めまして、9周年おめでとう。

来年もまた、10周年を一緒にお祝いできますように

 

 

*1:Myojo 裸の時代 一万字ロングインタビューより

27時間TV


最近見直したのでフォルダーの整理も兼ねてすこしずつ感想書いてこうと思いました。
第1弾は27時間TV。七月の下旬頃だったと思うから約1ヶ月前になるかな。
あんまり長くしたくないので、印象的なところだけ。


やっぱりなんといってもキスブサ×いたじゃんの光くん。

らじらーサタデーでは七連敗してしまうほど口説き下手なくせして、キスブサでは信じられないくらいのイケメンさ発揮してきましたね。

f:id:snp-hy:20160821023226j:image

我が自担ながら、プロポーズぶち込むのはずるいなぁって思うけど、お付き合いは契約ぐらいの固い考えの光くんだと何をしても可愛い。

このショートタイムで何人の女性を落としたんですかね?絶対八乙女担100万人増えただろうな?!!?っと思わせるほどの出来栄えでした。(笑)

らじらーでもこれくらいイケメンなヤツ頼みますよ!とも思うけど
生ではポンコツな光くんも可愛くて好きだから
やっぱりいつも通りでいてください。(笑)


次はスーパーダンク。
何度も失敗した末でやっとつかんだ成功。
本当に泣かせてくれるなぁと。
結果的に成功したことも嬉しいし
なによりその過程で
光くんが、円陣を促してくれたのもよかった。

部活やってて思うのは、辛い時って仲間のことを忘れてしまいがちだから、そこに気づけた光くんさすがだなって。彼らがメンバーを思いやれていなかったって言いたい訳では無くて。(むしろ前のメンバーの軌道修正とか、次のメンバーのために工夫するとか失敗したメンバーを励ますところは彼らの仲の良さ、〝チーム〟としての良さが出てるなっておもいました。)

キツイときこそ、仲間の存在が奮い立たせてくれてたなって私は思うから
その仲間の存在を改めて気づかせてくれるあのタイミングでの円陣は大きな意味があったなぁと感じます。

f:id:snp-hy:20160821023650j:image

f:id:snp-hy:20160821024314j:image



やっぱりJUMPヲタ的2大イベントに片寄っちゃうけど
2日間にわたって、笑顔だったり照れた顔だったり悔しい顔だったり、いろんな顔を見せてくれた光くん

むちゃブリが多い番組だったけど
こんな大きな番組にも出させていただけるようになったんだなぁって思うとやっぱり嬉しいな。

まだまだ勢いが止まらない彼らだけど
次はどんなことに挑戦して、どんな表情を見せてくれるのかなぁと気になるところです。


と、走り書き程度ではありますが、私の27時間TVの感想でした。

八乙女担な私ができるまで

私が、いまの「八乙女光担」になるまでには長い経緯がありまして。

私なりに葛藤もありました。まあ、みなさん興味ないかと思いますが、

基本的にはこのブログ、個人的なメモ用って言うのが大きな目的だし、過去を振り返ることがブログの醍醐味だと思うので長々とかいてみたいと思います。

※最終的に2000字を超えました本当に長いです。

 

始まりは、忍たま乱太郎のエンディングに起用されていた「世界がひとつになるまで」でした。この曲。特に1番の歌声がとても大好きで、毎日のように歌ってたみたいです。(当時の日記に書いてありました。笑)のちに、この歌声の持ち主の名前が「薮くん」であることを知ります。そして顔もよくわからない「薮くん」が大好きになりました。つまり私のジャニーズヲタの入り口は薮くんだったんです。

 

そして、薮くんを好きだという私に、姉が見せてくれたYa-Ya-yah(以下Ya)の冠番組。そこで初めて光くんを知りました。そして、薮くんが好きだと言っていたくせに顔も知らなかった私は、八乙女くんを指差しながら、薮くんが一番好きって言ったみたいです。いまだに我が家で語り継がれています。(笑)いつ八乙女光と薮宏太を認識したのかは定かではありませんが、とりあえず薮くんの歌声よりも、光くんの見た目のほうがタイプだったということだけははっきりとわかります。(笑)このあたりからYaにはまっていきました。そして、光くんのファンになりました。


ただ、私は基本的にかなり飽き性なんです。そしてなにごとに対しても「終わり」を嫌うタイプです。好きなドラマの最終回とか、好きだった人を好きじゃなくなる瞬間とか、そういうものが嫌いなんです。

 時は流れ2007年。「Hey!Say!JUMP!」(以下JUMP)としてのデビューが決まりました。これは始まりではありますが、同時に「Ya-Ya-yah」の終わりでもありました。好きでTVで見ていたグループが、自然消滅してしまうんです。そんなことを経験した私は、JUMPを素直に応援することはできませんでした。それは、Yaじゃなきゃ嫌というような、反対の気持ちではなくて、もしかしたらこのグループも終わってしまうのでは?とか、私自身好きではなくなるかもしれない。といったような「終わり」に対する不安の気持ちからです。自分の気持ちの終わりを経験するのが嫌でした。そんな私が選んだ道は、茶の間のファンでした。ゆるゆると応援して、TVで見るだけで十分だって思うようにしていました。


 この間にも、友人に招待してもらった初めてのコンサート参戦など思い出はありますが長くなるので割愛。また次の機会に。


 更に時は流れて、高校生になってから、私はまた「終わり」を経験したんです。それはデビュー時からずっと応援していたアーティストの無期限活動休止でした。完全な終わりではないにしろ復活の予定はないとのことで、私には「終わり」と同じように思えました。そしてそれだけではなくて、高校生にもなった私は何度か恋をして、好きな人を好きでなくなる瞬間ということも経験しました。

やはり、昔から「終わり」を嫌う考え方だから、嫌でした。どちらも。でも好きだった頃の思い出ってなんらかの形で残るし、少なからず私に影響を残してくれてるんだなって思いました。たとえばアーティストでいえば、歌詞に元気付けられて挑戦できたこともある。そのことが今の私につながっている。好きな人でいえば、恋愛的な好きではなくなったにしろ、いまでも大切な存在ではあります。

【好きなもの自体】の終わりにしても、私の【好きという気持ち】の終わりにしても、そのものを好きだったことは、追いかけてきた時間は、無駄ではないんだなってやっと気づいたんです。

そのことに気づいてからは早かったです。高1の冬だったのですが、担降りをしたわけではなかったのですが、当時学生だった私には経済的な余裕がなかったので、持っていないCDDVDもいくつかありました。でもそのタイミングで持っていなかったものを買い足しました。

兄弟が多いのもあり、親に趣味のことで大きな負担をかけたくなくて、FCは大学生になってから、と決めて大学受験に挑み、進学をして、アルバイトして収入が安定してから念願の申し込み。JUMPing CARnivalの申し込みには間に合わなかったけれど、それでも手元に会員証が来たことが私にはとても大きかったです。



こうやって、真っ正面から光くんと向き合うと、

光くんの考え方とか、仕事への向き合い方を知っていくにつれて好きという気持ちが加速していきます。もともとアイドルとして好きだった彼を、いまは一人の人として、尊敬していて、あこがれていて、大好きです。


だからどんどん彼を知っていきたい。彼を知れば知るほど、どんどん好きになれると思うから。これからも、それこそ私の好きという気持ちに終わりが来るまで、彼を追いかけていきたいと思います。真面目にひとつひとつの仕事と向き合って、仕事ごとに違う顔を見せてくれる光くんがとてもとても好きだから。そんな彼を、素直に応援できる今が好きだから。



注意書き

ここは、八乙女光くんを応援するカメラ女子がそのときどきに興味のあることを気の向くままにつらつらと書き綴っていくブログになります。所謂、ただの自己満足ブログです。それ以上でも以下でもありません。

不特定多数の方々に見られる場で、自分の考えや嗜好を書き綴るのは恥ずかしくて、難しいことだと思うのですが、その時々の素直な気持ちや感想を振り返りたいので書きます。

 

そこではじめに1つだけ注意書きをしたいこと。

 

ここに書き綴られる事柄はすべてわたしの主観的なものであって、必ずしも”真”ではありません。

 

私にとって”真”であっても世間的には”偽”である場合も、場合によってはあるかもしれないと考えております。

私の考え方や捉え方が100%正しいとは考えておりません。しかし否定されるのも悲しいものです。考え方が違っても、こんな人もいるのだな。くらいに留めてくださればと思います。

 

飽き性な私のことなので、もしかしたらこれっきりの更新になってしまうこともあるかもしれませんが。笑

本当に気の向くままにゆるゆると更新していきたいと考えています。よろしくお願いします。